Your Cart

24時間以内に出荷。追跡番号あり。

IQOS イルマ 使い方と喫煙方法についての総合解説

【総合ガイド】IQOS イルマワン 使い方と喫煙方法についての総合解説

IQOS イルマシリーズは、加熱式不燃たばこの有名ブランドIQOS 新フレーバーのスター商品で、IQOS イルマ、IQOS イルマプライム、IQOS イルマワンの3製品で構成されている

初代IQOSから最新のIQOS イルマ ワンまで購入・使用し、6年以上IQOS製品を愛用しているファンとして、IQOS 使い方について独自の視点を持っていると言えます。

ILUMA IQOSシリーズは旧機種にはない革新的な機能(スマートジェスチャー機能など)を搭載しているため、マニュアルを読んでも使い方に戸惑うという声が多い。そこで今回は、私自身の使用経験を合わせて、IQOS イルマ 使い方を総合的に紹介する。

簡単に言うと、以下の4つのステップを完了するだけで、IQOS イルマを楽しむことができます

IQOS イルマ 使い方

  1. チャージャーボタンを4秒間長押しして、アイコスイルマスティックを挿入する。
  2. 自動的に起動するか、ホルダーボタンを長押ししてスティックを温める。
  3. 約20秒後、ホルダーが加熱完了の信号を送り、喫煙を開始できます。
  4. IQOSは白い光を点滅させ、振動で喫煙終了を知らせます。

もちろん、特定の機種の詳しい使い方を知りたい方は、この記事を最後までお読みください。この記事では、IQOS イルマ 使い方を写真と詳細なステップバイステップでわかりやすく解説し、IQOS イルマを存分に楽しんでいただくことを目的としています。

そのため、この記事はIQOS ILUMAユーザーの皆様に特にお勧めします。

IQOS イルマ 使い方

#1 4秒間長押しして電源を入れ、IQOS イルマスティックを挿入します

IQOS イルマ 使い方 4秒間長押ししてたばこスティックを挿入する

IQOS イルマ 使い方は簡単で、ポケットチャージャーの側面下側を軽く叩くだけで、ホルダーをチャージャーに収納して充電できる

ポケットチャージャーをフル充電(135分)した後、上部ボタンを4秒間長押しして電源を入れます。その後、ホルダーを取り外し、IQOS フレーバー専用たばこスティック(IQOS TereaまたはSentia)をホルダーのマウスピースに挿入します。

注意
IQOS イルマは、マルボロのヒーティングロッドや、テレアおよびセンティア専用ロッドを除く他のブランドのヒーティングロッドとは互換性がないため、互換性のないロッドは使用しないこと。

#2 シガレットホルダー加熱:自動作動またはホルダーボタン長押しで作動

IQOS イルマ 使い方シガレットホルダー加熱

IQOS イルマは、IQOS製品で初めて自動加熱機能を搭載している。つまり、加熱スティックをフィルターに印刷されたラインまでホルダーに挿入すると、ホルダーが振動し、インジケーターランプが点滅して、加熱が自動的にオンになったことを示す。

または、ブラケットボタンを1秒以上長押しして加熱を開始します。

#3 喫煙開始:ホルダーが振動し、インジケーターランプが点灯します

IQOS イルマ 使い方 喫煙開始:ホルダーが振動し、インジケーターランプが点灯します

ホルダーが再び振動し、インジケーターが白く点灯するまで約20秒間待ちます。

ちなみに、IQOS 3 DUOは対応HEETS 種類の幅が広いので愛用しています。 しかし、IQOS ILUMAを初めて吸ったとき、フレーバーの大幅なアップグレードを感じました!

#4 喫煙終了:IQOS イルマ 白点滅とホルダーの振動

IQOS イルマ 使い方 喫煙終了:IQOS イルマ 白点滅とホルダーの振動

IQOSスティックの喫煙可能時間は約6分、14パフです。 加熱終了まで残り30秒(約5分60秒後)、または残り2パフになるとホルダーが振動し、インジケーターの白いランプが点滅します

注意:残り時間と残りパフ数は喫煙スピードに関係しています。 喫煙スピードが速い場合、吸い始めてから3~4分でバイブレーションが通知されることがあります。

吸い終わったら、吸い殻の部分に直接触れないように注意してスティックを取り出し、お住まいの自治体の区分に従って処分してください。

IQOS イルマは1回の充電で2回連続して吸うことができますホルダーを傾けたり、ホルダーをポケットチャージャーに戻したりして、ホルダーの使用可能回数を確認できます。

残り使用回数
  • ホルダー上部のライトが1つ点灯:あと1回吸える
  • ホルダー上部のライトが2つ点灯:あと2回吸える

IQOS イルマ 吸えない。どうすれば直りますか?

IQOS イルマが動作しない場合は、以下の方法でデバイスを確認してください:

IQOS従来のブレードタイプのスティック(IQOS HEETSなど)は、IQOS ILUMAと互換性がないため、使用しないでください。
IQOS従来のブレードタイプのスティック(IQOS HEETSなど)は、IQOS ILUMAと互換性がないため、使用しないでください。
vpz jp 順 矢原
順 矢原

IQOS イルマは、IQOS初の自動加熱機能付き加熱式タバコで、この使い勝手の良さにとても期待していました。 この機能により、旧モデルで不満だった面倒な操作がなくなり、使い方がよりスマートで簡単になりました。
初めて加熱式タバコを使う人でも、IQOS ILUMAならきっと使いこなせるはずだ。

IQOS イルマ プライム 使い方

#1 スイッチオン:ポケットチャージャーボタンを4秒間長押し

IQOS イルマ プライム 使い方 スイッチオン:ポケットチャージャーボタンを4秒間長押し

IQOS Primeを手に入れたら、アイコスイルマと同様にポケットチャージャーにスタンドを入れて充電する。

フル充電(約135分)後、ポケットチャージャーを4秒間長押しして電源をオンにすると、チャージャーのインジケータライトが点灯し、チャージャーの電源がオンになったことを示します

#2 加熱:自動作動またはホルダーボタン長押し(最低1秒)で作動

IQOS イルマ プライム 使い方 加熱:自動作動またはホルダーボタン長押し(最低1秒)で作動

充電が完了したら、ホルダーを取り外し、IQOS テリアをホルダーのスロットにたばこフィルターに印刷されているラインまで挿入します(そうしないと加熱されない危険性があります)。

IQOS イルマ プライムには自動加熱機能が搭載されているため、たばこスティックを挿入するとホルダーが振動し、インジケーターランプが点滅する。

IQOSアプリの機能で自動加熱機能をオフにしている場合は、このタイミングでスタンドのボタンを1秒以上長押しして加熱する必要があります。

注意
たばこスティックを差し込んでもホルダーが反応しない場合は、手動で加熱してみてください。

#3 準備OK:ホルダーの振動とインジケーターランプの点灯を待つ

IQOS イルマ プライム 使い方 準備OK:ホルダーの振動とインジケーターランプの点灯を待つ

ホルダーが再び振動し、インジケーターが白く点灯したら、加熱完了の合図です。

初めて加熱式タバコに出会い、「IQOS 吸い方 初心者」や「IQOS 吸い方」などの質問をされる方は、従来のタバコと同じようにフィルターを通してゆっくりと吸い込むことで、タバコの究極のフレーバーを楽しむことができます。

#4 喫煙終了:振動による通知と白色ライトの点滅

IQOS イルマ プライム 使い方 喫煙終了:振動による通知と白色ライトの点滅

ホルダーが再び振動し、インジケーターランプが白く点滅したら、喫煙終了まで残り30秒または2パフであることを示します。

そして、喫煙ポートの残数が20%以下になると、振動は消える。

スタンドの紛失や破損、電池切れを防ぐため、使用後はポケットチャージャーに入れる習慣をつけましょう

IQOS イルマプライムは20分の充電で2本連続で吸えます。 ホルダーを傾けたり、ポケットチャージャーに戻したりして、何回使用できるかを確認することができます。

残り使用回数
  • ホルダー上部のライトが1つ点灯:あと1回吸える
  • ホルダー上部のライトが2つ点灯:あと2回吸える
vpz jp 順 矢原
順 矢原

IQOS プライムは、IQOS イルマの自動加熱機能を引き継いでおり、本当に便利で嬉しい。
一度スティックを正しく差し込めば、あとは何もする必要がなく、ホルダーはすぐに加熱を始めるので、私のようにスティックを加熱するボタンを押すのをいつも忘れてしまう喫煙者には本当に便利だ!

注意
IQOS ILUMA/IQOS Primeには、自動加熱機能に加えてオートストップ機能があります。 途中で喫煙を止めたい場合、スティックを抜くと同時に加熱が止まります

IQOS イルマワン 使い方

ビデオチュートリアル

イルマワン使い方をビデオでご覧になりたい方は、下のボタンをクリックしてください。

#動画を見る

#1 IQOS イルマ ワン本体ボタンを4秒間長押ししてスイッチを入れる

IQOS イルマワン 使い方 IQOS イルマ ワン本体ボタンを4秒間長押ししてスイッチを入れる

イルマワン使い方は、先に紹介した2つのモデルとは少し異なる。IQOS イルマワン ケースはオールインワンマシンなので、アダプターと充電ケーブルを接続し、本体底面の充電ジャックに差し込んで電源につなぐだけで充電できる

IQOS イルマワン 充電時間は約90分で、その後、本体側面のボタンを4秒間長押しすることで電源が入る

#2 蓋をスライドさせて開け、スモーキングスティックを差し込む

IQOS イルマワン 使い方 蓋をスライドさせて開け、スモーキングスティックを差し込む

IQOS イルマ ワンは上部に蓋があり、左右に押すことができます。初めてILUMA Oneを使用する際は、蓋をスライドさせて開け、フィルターに印刷されたラインまでタバコスティックを挿入する必要があります。

ヒントとコツ
周囲温度が下がってきたら、本体を手で1分以上温めてから使用してください。

#3 ボタンを押し続けてタバコスティックを加熱する

IQOS イルマワン 使い方 ボタンを押し続けてタバコスティックを加熱する

IQOS イルマワンには自動加熱機能がないため、加熱するには本体ボタンを1秒以上長押しする必要がある。ボタンは本体に1つしかないので、押し間違いの心配もない。

振動が通知され、インジケーターランプが点灯し始めたら、喫煙を楽しむための準備がすべて整ったことを知ることができる。

注意
イルマワンにはオートストップ機能があり、加熱中にスティックを取り外すと自動的に電源が切れます。

#4 喫煙終了:IQOS イルマワン 白点滅するライトと振動スタンド

IQOS イルマワン 使い方 喫煙終了:IQOS イルマワン 白点滅するライトと振動スタンド

残り30秒または残り2パフになると、アイコスイルマワンから振動が起こり、インジケーターランプが白く点滅します。

IQOS イルマ ワンは、20分の充電で最大20本のスティックを連続して吸うことができる。 喫煙を続けたい場合は、2本目のスティックを挿入し、加熱と喫煙を繰り返すだけです。

IQOS イルマワン 吸い方

従来の燃焼式タバコと変わりません。 タバコスティックをIQOS 人気フレーバー電子たばこに挿入し、加熱して吸い、口から蒸気を吐き出すだけです。

vpz jp 順 矢原
順 矢原

IQOS イルマ ワンにはオートスタート機能はありませんが、最大20本の連続喫煙が可能です! これはヘビースモーカーにとっては驚くべき変化である!

注意
ブレードをなくした革新的なスマートコア・インダクション・システム®により、たばこ葉を内側から加熱します。そのため、刃の破損や使用後の掃除の心配がない

IQOS イルマ 違い

IQOSモデルIQOS
イルマプライム
IQOS
イルマ
IQOS
イルマ ワン
タイプ分離タイプ分離タイプ一体タイプ
オートスタートありありなし
ブレードなしなしなし
スロットのカバーなしなしあり
喫煙終了の通知ホルダー振動
+
白色ライト点滅
ホルダー振動
+
白色ライト点滅
ホルダー振動
+
白色ライト点滅
連続喫煙本数2本2本20本
クリーニング不要不要不要
Bluetoothありありあり

上の表の詳しい使い方の説明からもわかるように、IQOS イルマシリーズの3製品は飛躍的に性能が向上し、より使いやすく、より使いやすくなっている。

ワンピース型のIQOS イルマ ワンは連続喫煙本数が大幅に増えたが、私にとっては、スマートジェスチャー機能を搭載したIQOS イルマとIQOS Primeの方が、自分の喫煙習慣に合わせて特別な喫煙モードをカスタマイズできるので気に入っている。

IQOS 電池残量と使用回数の確認

IQOS イルマプライム/IQOS イルマ

使用回数:スマートジェスチャー機能

リフトアップ機能:使用していないときは、ホルダーを傾けて残りの使用回数を確認することができます。点灯している数は、喫煙セッションの残り回数。
ダブルタップ機能:喫煙中にホルダーを軽く2回叩くと、ホルダーが振動する回数で残り使用時間を確認できます振動回数が多ければ多いほど、残り時間は長くなります
バイブレーション1回2回3回4回
使用可能時間0%~25%25%~50%50%~75%75%~100%
スマートジェスチャー機能は、IQOSアプリでオン/オフを設定できる。

電池残量:ポケットチャージャーボタンを短く押す

ポケットチャージャーの上部にあるボタンを短く押したり離したりすることで、点灯しているライトの数からバッテリー残量を確認することができます。

1つのライトは25%の充電を表し、4つのライトが点灯している場合、ポケットチャージャーは完全に充電されています。

IQOS イルマ ワン

本体のボタンを短く押し、点灯しているライトの数で残量を確認します

1つのライトは25%の充電を表し、4つのライトが点灯している場合、ポケットチャージャーは完全に充電されています。

IQOS イルマワンではタバコの残数が表示できません。

IQOS アプリケーションの変更

IQOS イルマ/IQOS イルマ プライム/IQOS イルマ ワンをBluetoothまたはUSBケーブルで接続したら、携帯電話またはコンピューターのIQOSアプリにアクセスします

その後、機器のファームウェアを更新したり、設定をお好みにカスタマイズすることが可能です。

注意:
IQOS イルマおよびIQOS プライムのユーザーは、IQOSアプリでこの操作を行い、スマートジェスチャー機能を有効または無効にすることもできる。

まとめ

本記事では、IQOS イルマシリーズ3製品(IQOS イルマ/IQOS イルマ プライム/IQOS イルマ ワン)の使い方の手順や吸い方、充電時間などを詳しく解説する。

IQOS 吸い方がわからなければ、以下の5つのステップを踏めばいい:

IQOS 吸い方

  1. 使用前にポケットチャージャーでホルダーを充電してください。
  2. ポケットチャージャーまたはオールインワン本体のボタンを4秒間長押しすると電源が入ります。
  3. 専用スティックを差し込むと自動的に加熱されるか、ボタンを押して加熱する。
  4. 約20秒後、ホルダーは加熱完了信号を送り、喫煙を開始する。
  5. 喫煙を終え、スティックを取り出す。

すでにIQOS イルマシリーズをご購入のお客様で、より良い喫煙体験をお望みの場合は、上記のIQOSモデル別の手順に従っていただくのがベストです。

しかし、ブレード式スティックの廃止、オートヒート機能の追加などにより、IQOSが使いやすくなったことは間違いない。

加熱式タバコ IQOS(アイコス)をすぐに試したい方は、VAPEPENZONE Online Shopをご覧ください。 ここは本物であることを保証し、間違いなく最高の価値を手に入れる喜びを与えてくれるでしょう!

関連する問題です

IQOSイルマの正しい使い方は?

IQOS イルマをフル充電(約135分)した後、専用スティックをフィルターに印刷されたラインまでホルダーのマウスピースに挿入します。

ホルダーが振動し、自動加熱の合図としてインジケーターランプが点滅するか、ホルダーのボタンを押して加熱します。 ホルダーが加熱完了の合図を出し、喫煙準備が整うまで約20秒待ちます。

24時間出荷

物流オンライン追跡

LINEサポート

お気軽にご連絡を

正規品保証

1年間返品保証

時限割引

サブスクライバー限定