Your Cart

24時間以内に出荷。追跡番号あり。

【アイコス 長く吸うコツ】10のヒントを要約します!

【アイコス 長く吸うコツ】10のヒントを要約します!

公式によればIQOS(アイコス)は一度の充電で20回(または6分間)喫煙できるとされています。そのため、私は注意深く計算しましたが、すべてが正常な場合、約16〜20回吸うことができると推定されますが、吸引の強さによって異なります。

しかし、多くのユーザーが疑問を持っています。なぜ私は4、5回しか吸えないのですか?連続して20回吸うにはどうすればよいですか?アイコスを長く吸うコツは何ですか?

この答えを得るために、私はVapepenzoneチームの他のメンバーに日常的なIQOSの喫煙方法を共有してもらいました。

そして実際のテストを行いました。このプロセスでは、アイコスイルマワン、デバイスとTereaタバコスティックを使用し、スマートフォンのタイマーを使用して喫煙時間を計測し、手動で喫煙の回数を計算しました。

日常の使用のヒントについては、IQOS日本の公式情報も調べました。

結論としては、喫煙時間の長さは、日常の喫煙習慣、デバイスの状態、使用方法に関連しています。

私たちはこの記事で、20回続けて吸える10の小技をまとめ、IQOSを正しく使用し、より美味しく吸えるようにする方法も教えます。最後までお読みください!

  • IQOSのフル充電時の喫煙回数
  • アイコス 長く吸うコツ【10種類】
  • IQOSデバイスの寿命が喫煙回数に与える影響
  • IQOSスティックとデバイスの正しい使用方法

IQOS テリア (IQOS TEREA) | 日本で人気の加熱式電子タバコブランド

IQOS テリア カプセル (IQOS TEREA) 販売

IQOS TEREA(アイコス テリア)は、独自の加熱方式でタバコを楽しめる「インテリジェントコアセンサーシステム」を搭載した最新IQOS ILUMA(イルマフレーバー)専用スティックです。革流行な一般的なタイプからおすすめの新しいミント風味まで、ありとあらゆる味が揃っています!新的な電子タバコ体験をお試しください!

アイコス フル充電 何本吸える?

IQOSの寿命を延ばすヒントを得る前に、IQOSが通常の状態で何回吸われているかを知ることが重要です。

通常の使用回数は、デバイスの性能とバッテリー寿命をよりよく理解するためのベンチマークとして使用することができるからです。

アイコス フル充電 何本吸える

IQOSは、加熱中に喫煙本数を正確にカウントする装置ではありません。 温度センサーでカウントします。 タバコを吸うと外気が装置内に入り、加熱温度が下がり、それを1パフ(1カウント)とカウントします。

連続して何度もパフすると、加熱温度が設定温度に戻るのが間に合わず、カウントされないことがあり、長時間パフすることができる。

ただし、パフ回数が増えるとタバコの風味がまろやかになる。

また、アイコス 吸える時間の長さは、スティックの種類、喫煙スタイル、環境条件、デバイスの状態、個人の喫煙習慣、充電状態など、さまざまな要因に影響されます。

以下は、フル充電時のアイコス 種類別の使用可能回数です:

IQOSモデル1回のフル充電で使用できる回数
IQOS Irma Prime /IQOS Irma / IQOS Irma One / 新型IQOS 3 Duo / IQOS 3 / IQOS 2.4 Plusプラスはフル充電で20回
IQOS 3 Multi充電で10回、また1度の加熱で約6分間もしくは14パフ(14回吸い込むまで)お使いいただける仕様となっております。

アイコス 長く吸うコツ【10種類】

#1 IQOSデバイスが充電されていることを確認してください

アイコス 長く吸うコツ:充電

これは公式にも推奨されている方法の一つです。IQOSデバイスのバッテリーが不足している場合、内部センサーが正常に機能せず、理想的な喫煙回数を提供できません。

ですので、IQOSを使用する前に、デバイスを充電器に接続し、充電インジケーターが点灯し、デバイスが充電されたことを待ちます。

通常使用後は、スタンドを携帯充電器に収納しておくのが良いでしょう(統合されたデバイスの場合は、この手順は不要です)。次回の喫煙に備えてください。

#2 IQOSスティックを正しく挿入し、必要に応じて新しいスティックに交換してください

アイコス 長く吸うコツ:IQOSスティックを正しく挿入し

IQOSブレード型たばこをフィルターに直接挿入し、回すことなく、フィルターに印刷された線に到達するまで押し込みます。回すと内部ヒーターが破損する可能性があります。

スティックが完全に挿入されていない場合、加熱が不十分です。したがって、半挿入で喫煙すると、使用回数と味が7〜10回まで減少する可能性があります。また、それらを互いに平行に挿入することも重要です。

挿入がずれていると、熱が均等に伝わりにくくなり、喫煙回数にも影響します。

だからこそ、IQOSスティックの正しい挿入方法を知ることが重要なのだ。

喫煙回数が減少する原因は、スティックが空気中の水蒸気を吸収して柔らかくなり、加熱できなくなることもあります。その場合は新しいスティックに交換してください。

注意:一時的に使用しないスティックは、湿気や損傷を避けるために乾燥した常温の環境で保管することをお勧めします

#3 加熱が完了した後、10秒待ってから喫煙してください

アイコス 長く吸うコツ:加熱が完了した後、10秒待ってから喫煙してください

個人の経験とチームのテストによると、加熱が完了してから10秒待つとIQOS フレーバーが最も良いとされています。

IQOSデバイスが加熱を完了し、振動やインジケーターライトが出たら、約10秒待ってください。これにより、スティック内のタバコが十分に加熱され、より長くておいしい喫煙が可能になります。

直接吸うと、葉に含まれる成分や水分が完全に抽出されず、連続的な喫煙を楽しむことができません。無駄になり、煙が薄く、蒸気が少なくなります。

#4 できるだけゆっくり、やさしく吸う

アイコス 長く吸うコツ:できるだけゆっくり、やさしく吸う

IQOSの使用回数を20回以上に延ばす方法は、温度センサーをトリガーしないような優しい喫煙方法を取ることです。

センサーをトリガーしないためには、できるだけ優しく吸入し、吸入時間を短縮することをお勧めします。

この方法を使用すると、1本あたり少なくとも15回の吸入が信頼でき、加熱時間を6分間維持できます。

ただし、どんなにドローが浅くても、20回以上吸うと煙がかなり減り、風味も落ちるので、本当に実用的なのは20回以降だと思います。

注意:吸い方は個人差が大きいので、普段から深く吸う人は満足感を得にくいかもしれません。 ちなみに、普段からタバコをたくさん吸っている人の中には、センサーが反応しない、iqos 吸い終わり、最大回数に達しない、製品が故障していると勘違いしている人もいるかもしれません。

#5 一回の喫煙時間を短縮し、過剰な吸入を避ける

アイコス 長く吸うコツ:一回の喫煙時間を短縮し、過剰な吸入を避ける

IQOSは1回の最長喫煙時間が6分で、約20回の吸引が可能です。しかし、通常よりも速い喫煙速度で吸うと、20回の限界にすぐに達し、2〜3分で喫煙が終了します。そのため、まず吸煙間隔を延長することをお勧めします。

私自身は軽い喫煙者ですが、ゆっくり6分程度の喫煙を楽しみたいときは、1回の吸引の間隔を短くしています。

私は喫煙中に携帯電話のタイマーを使用して計算しましたが、最適な間隔は約25秒ごとに1回です。この方法を使用すると、各タバコは15回以上の吸引が容易に行われ、6分間の加熱が維持されます。

そこで、吸入回数制限を利用して喫煙時間を長くする、これも有効な作戦だ。

また、難点としては、吸入時間が短すぎると煙の濃さや満足感が得られず、かえって物足りなく感じる人もいるかもしれない。

#6 数回吸ったらスティックを取り出し、また戻すことができる

アイコス 長く吸うコツ:数回吸ったらスティックを取り出し

これは、味わいや吸入感を保ちながら、喫煙時間を延長する別の方法です。数回吸った後、スティックを抜き取り、再度挿入することで、煙の持続時間を延長できます。

この方法は、2回吸うようなものですが、最初の4〜5回後にスティックを抜き取り、すぐに同じスティックを挿入し、吸入回数をリセットすることができます。

吸入回数がリセットされるため、合計で18〜20回の吸引が可能になり、通常の喫煙時間よりも長くなります。

ただし、これは間違いなくデバイスのパワーを消耗するし、あまり繰り返すとお尻にタール汚れがかなりつくようなので、デバイスに何らかの悪影響があるかもしれない。 何度も試すのはお勧めできません

#7 アイコス 14回 吸えないる場合は、デバイスをリセットしてください

アイコス 長く吸うコツ:リセット

IQOSが6分間で14回の吸入に失敗した場合、またはすぐに終了した場合は、IQOSの適切なリセットを試してみよう。

リセットとは、IQOS内部の喫煙時間の制御などのソフトウェア動作をクリアにする操作で、パソコンの再起動に似ている。

リセットの方法はとても簡単で、基本的に10秒間長押しするだけで、どのモデルのIQOSでも使えます!

各モデルのリセット方法と完了信号を詳しくお伝えします。

(オールインワン)新型IQOS ILUMA One/IQOS3MULTI:
  1. 本体のボタンを10秒間長押しします。
  2. 指を離す
  3. すべてのランプが消灯し、再び点灯したらリセット完了です。
  4. (IQOS3 multiの場合、数回点滅して消えるとリセットが完了します)
(分離型)新しいIQOS ILUMA/Prime/IQOS3Duo:
  1. 充電器側のボタンを10秒間押し続けると同時に、スティックを充電器に挿入します。
  2. バッテリーインジケーターライトが点灯して消灯したら、すぐに指を離します。
  3. すべてのライトが消え、点滅し、ゆっくりと点灯したらリセットが完了します
  4. (*IQOS 3 Duo 専用タバコヒーツの場合、バッテリーインジケーターライトが3回点滅して消えるとリセットが完了します)

#8 IQOSを使用する際は、時々一時停止し、デバイスを休ませてください

アイコス 長く吸うコツ:デバイスを休ませてください

IQOSスティックの加熱プロセスを一時停止することで、スティックの温度が下がり、タバコの燃焼が遅くなります。 その結果、吸うたびに消費されるタバコの量が減り、スティックの寿命が延びるため、使用頻度が増えます。

そのため、ときどき休止し、しばらくデバイスを休ませることで、効果的に喫煙スティックの使用回数を延ばすことができます。

#9 0℃から40℃の温度範囲内で吸煙してください

公式説明 IQOSは摂氏0度から40度の範囲で作動します。 そのため、夏の炎天下や氷点下での喫煙は避ける必要があります。

この範囲外にデバイスを置くと、デバイスが故障し、喫煙時間を適切にコントロールできなくなる可能性があります。

#10 IQOSデバイスは、2ヶ月に1度クリーニングすることを推奨します

アイコス 長く吸うコツ:2ヶ月に1度クリーニングすることを推奨します

無水アルコールに浸した綿棒でホルダーの内側をやさしく拭き取るときれいになります。 アイコス吸着時間が短いと感じたら、IQOSのクリーニングを試してみると改善される場合があります。

長時間使用すると、タール汚れがわずかに蓄積し、加熱制御機能に影響を与え、喫煙時間が短くなることがあります。

通常、2ヶ月以上使用するとホルダーの内側に黒いゴミが溜まりますので、洗浄が必要です。

IQOSデバイスが耐用年数に達した場合、喫煙時間は適宜短縮されます

ここまで、ご自身でできる対処法をご紹介してきましたが、IQOSを長くお使いの場合、デバイスの寿命がきている可能性があります。

バッテリーの性能が低下すると、加熱パワーが不足し、喫煙時間が短くなる可能性があります。

IQOSデバイス(ホルダーを含む)には、リチウムイオンバッテリーが内蔵されています。リチウムイオンバッテリーは消耗品であり、使用や経年劣化により徐々に劣化します。

バッテリーの電力供給能力が低下すると、使用時間が短くなり、1回の充電での吸入回数や使用回数が減り、連続使用できる秒数が短くなる可能性があります。

IQOSのウェブサイトによると、1日1包を吸引し、1日1回充電器で電源から充電すると仮定すると、約1年間使用できる。

  • ホルダー:1日20本(1パック)×365日=7300本
  • 充電器:1日1回充電×365日=365回

まだ短時間しか吸えない?IQOSカスタマーセンターにご相談ください!

上記の対策を試したにもかかわらず、十分な吸煙時間を楽しめない場合は、IQOS販売店カスタマーサービスセンターにご相談ください。購入後1年以内に吸煙時間が短すぎると感じる場合は、自然故障と見なされる可能性があり、デバイスの交換が必要になる場合があります。

Vapepenzone Japanで購入したIQOSに自然故障や解決できない他の問題が発生した場合は、以下の連絡先までお問い合わせください:

  • 郵送先住所:東京都港区赤坂107-0052
  • メールサポート:[email protected]
  • 【電子メール】受付時間:24時間 *確認後、1営業日以内に返信いたします。

IQOSをおいしく楽しむための正しい使い方とは? (手順付き)

IQOSの正しい使い方

IQOS(アイコス)初心者の方の多くが、アイコスの吸いごたえを感じないのは、IQOSの正しい使い方を知らないからではないだろうか。アイコス 使い方 初めて? いずれにせよ、IQOSのおいしさを実感してほしい。

基本的な手順は以下の通り。

  1. 充電器のスイッチを入れ、ホルダーを充電する。
  2. 専用スティックをマウスピースに差し込む
  3. 約20秒待ち、加熱完了後に吸い始める
  4. 吸い終わったらスティックのプラグを抜く
  5. ホルダーを充電器に戻し、充電する。

初心者の場合、IQOSを吸うと咳が出ることは珍しくありません。特に、紙巻たばこしか吸ったことのない人々は、IQOS特有の煙の味で咳き込むことがよくあります。

咳が出る場合は、たばこを口の中に残しながら外の空気を吸い込み、IQOSを徐々に肺に吸い込む

この吸い方は、たばこの味をよりよく感じるのに役立ちます。初心者やIQOSに慣れている人にとって有効です。

初めて使用する場合は、刺激が弱いスティックを選択することをお勧めします。例えば、TEREA アイコスシリーズは、香煙のような濃厚な煙を再現しつつも、喉を刺激しません。

概要

要約すると、IQOSは強いフレーバーと長時間持続する喫煙感覚を提供するタバコ加熱システムです。 しかし、喫煙時間の長さは、デバイスの状態、使用方法、個人の喫煙習慣など、さまざまな要因に影響されます。

連続20パフを達成するために、この記事ではアイコス 長く吸うコツについてまとめています。

  • 喫煙回数を最大にするために。
  • スティックを正しく挿入し、必要に応じて新しいものと交換してください。
  • スティックが完全に加熱されていることを確認するため、喫煙中は10秒間待ちます。
  • 喫煙本数を最大にするため、できるだけゆっくりと静かに吸う。
  • デバイスをリセットする
  • 吸いすぎないように喫煙時間を短くする。
  • 数回吸ったらスティックを抜き、また戻す。
  • 喫煙中に時々休止し、デバイスをしばらく休ませる。
  • 0~40℃の温度範囲で喫煙する。
  • IQOSデバイスは定期的にクリーニングしてください。

必要に応じて、IQOSカスタマーセンターにご相談ください。 以上の方法で、IQOSの喫煙時間を最大限に延ばし、IQOSがもたらす素晴らしい体験をお楽しみください!

関連記事

アイコスは1本何分かけて吸えますか?

IQOS ILUMA Prime / IQOS ILUMA / IQOS ILUMA One / IQOS 3 Duo / IQOS 3 / IQOS 2.4 Plusはフル充電で最大20回使用可能、IQOS 3 Multiはフル充電で最大10回使用可能で、1回につき1分間に約6回加熱するか、14ポートが使用できるように設計されている(最大14回吸入可能)。

24時間出荷

物流オンライン追跡

LINEサポート

お気軽にご連絡を

正規品保証

1年間返品保証

時限割引

サブスクライバー限定