Your Cart

24時間以内に出荷。追跡番号あり。

プルームXアドバンスド アイコス 比較

【プルームXアドバンスド アイコス 比較】10つの視点からの完全

加熱式タバコの愛用者として、私はたくさんの初代加熱式タバコを試してきました。初期の段階では、加熱速度が遅く、喫煙時間が短かったため、私たち年配の喫煙者からは批判もありました。

しかし、技術の進化により、加熱式タバコの性能は改善し、喫煙者の様々な要求をより満足させるようになりました。

次の章では、日本の2大加熱式タバコブランド、プルームXアドバンスド アイコス 比較します。最新モデルや人気モデルのスペック、香り、加熱温度、吸い心地、売れ行きなど、これら2つのブランドの違いに焦点を当てます。

さらに、現在日本市場で入手可能な加熱式タバコの全ブランドとモデルのリストもまとめます。お楽しみに!

本文でわかること

  • 「プルーム」と「アイコス」ブランド比較
  • 最新モデルの比較:「プルームXアドバンスド」と「アイコスイルマワン」
  • プルームXアドバンスド アイコス 比較、どっち?
  • 両ブランドのクラシックモデルの比較
  • 結論:プルームXとアイコス、どっち?

「プルーム」と「アイコス」比較

プルームアイコス
関連会社JT日本フィリップモリス
設立1997年1985年
人気商品プルームXアドバンスド(Ploom X ADVANCED)
プルームX (Ploom X)
プルームS (Ploom S)
プルームx メビウス(Mevius)
プルームx キャメル (Camel)
「テリア」(TEREA)
「センティア」(SENTIA)
アイコス ILUMA i
人気 アイコス ILUMA
アイコス ILUMA PRIME
最新アイコス ILUMA ONE
価格帯本体:780円~1,980円
銘柄:500円~700円
本体:3,980円~6,980円
銘柄:890円~1,790円
主要事業加熱式タバコ、加熱式喫煙具、本体付属品加熱式タバコ、加熱式喫煙具、本体付属品

▶結論:

アイコスが先に加熱式たばこの理論を提唱し、ヨーロッパ、アメリカ、日本の市場を占めました。製品開発とアップデートは速く、アフターサービスとブランド影響力も強いです

しかし、プルームは独自の味とデザインがあり、価格はアイコスより手頃です。アイコスが市場に出るのが遅かったにもかかわらず、プルームは強力な宣伝とコストパフォーマンスで競争相手になりました。

「プルームXアドバンスド」VS「アイコスイルマワン」

「プルームXアドバンスド」と「アイコスイルマワン」
「アイコスイルマワン」と「プルームXアドバンスド」

各ブランドの違いを比較した後、今回は電子タバコブランド「プルーム」と「アイコス」の最新モデル、「プルームXアドバンスド」と「アイコスイルマワンの比較に焦点を当てます。

両製品を異なるオンラインショップから購入し、両機種に対応した専用タバコを用意した。 さらに、このレビュー・セッションには、この2つのモデルをそれぞれ使用している2人の友人を招待した。

デバイスは比較の過程で、主に外観デザイン、ユーザーエクスペリエンス、デバイスの性能、ベイプ時間の観点から評価されます。

さらに、2人のユーザーを招待して経験を共有してもらいます。私たちの目標は、この包括的な比較を通じて、2つの製品の主な共通点と相違点を理解し、ニーズと予算に応じて最適な選択を決定できるようにすることです。

|| 基本スペックの比較

Ploom X ADVANCEDIQOS ILUMA ONE
デザインPloom X ADVANCED-123IQOS ILUMA ONE-123
カラバリ2種類
シルバー、ブラック
5種類
モスグリーン
ペプルベージュ
ペプルグレー
アズールブルー
サンセットレッド
サイズ幅 : 43.5mm
高さ : 88.5mm
奥行 : 24.0mm
幅 : 30.6mm
高さ : 121.6mm
奥行 : 16.4mm
重量95g68.5g
喫煙時間・パフ回数5分(無制限)6分(14パフ)
連続使用本数20本20本
本体価格1,980円3,980円
ニコチン量0.7mg1.2mg
キック感★★★★☆★★★★★
加熱温度320℃300℃〜350℃
加熱時間約25秒20秒
充電時間約90分約90分
充電端子USB Type-CUSB Type-C
たばこ臭さ弱いやや強い
フレーバーの種類17種34種

関連記事:【アイコスイルマワン 評判】徹底レビュー! この究極の加熱式タバコを詳しく見てみよう!

握りやすさは加熱式タバコの重要な要素です。しかし、各社は異なるデザインスタイルを採用しています。

IQOS Iluma日本の軽量モデルであるIluma Oneは、シャープなデザインと細長い形状が特徴です。一方、Plume X ADVANCEDはスマートでソリッドなデザインで、非常にコンパクトに見えます。

プルームXアドバンスド アイコス 比較:カラバリ
プルームXアドバンスド アイコス 比較:カラバリ

▶結論:

最も豊富アイコスイルマワン 色はPlume X ADVANCEDよりも3色多く利用でき、アイコスイルマワン 限定色が登場する!さらにPlume X ADVANCEDよりも全体的に26g軽いです

|| 互換スティックの比較

Ploom X ADVANCEDIQOS ILUMA ONE
フレーバーの種類17種34種
銘柄メビウス/11種
キャメル/6種
テリア/21種
センティア/13種
キック感★★★★☆★★★★★
ニコチン量0.7mg1.2mg
におい基本的に匂いはない。スティックによって異なるが、匂いは少ない。

▶数量比較:

数量から見ると、アイコスイルマワン タバコは34種類以上のフレーバーを提供しており、プルームx 互換スティック よりも17種類多いです。これはアイコス 新しい味です。

もちろん、タバコの選択肢が多ければ多いほど、好きなフレーバーを見つける可能性が高まります。特に、まだ好きなフレーバーを見つけていないなら、アイコスイルマワンフレーバーを試すことをお勧めします。

▶プルームx アイコス 匂いの比較

IQOS イルマワンとプルームX ADVANCEDをそれぞれ吸引するための2つの閉鎖空間を設定し、チームがテストを行ったところ、プルームX ADVANCEDを使用した部屋にはほとんど残留臭がないことがわかりました。一方、IQOS イルマワンを使用すると、強いタバコの臭いが残りました

結論:

プルームx アイコス 吸いごたえについて、もしあなたがヘビースモーカーなら、タバコの臭いの再現性が格段に高いIQOSエルマ・ワンを試してみることをお勧めします。

もし臭いが強すぎるのが心配なら、プルームX ADVANCEDをお勧めします。

▶味わいの試飲の比較

プルームXアドバンスド アイコス 比較:味わいの試飲の比較
プルームXアドバンスド アイコス 比較:味わいの試飲の比較

私たちは、テスターの鈴木に2種類のデバイスとそれぞれの専用加熱タバコを使用してもらい、同じミント風味のものを使用しました。

vpz jp 順 矢原
鈴木

アイコスイルマワンスティックを使ったとき、私は懐かしいタバコの味と同時にスパイシーなミントの味を感じました。私はタバコの原味をはっきりと感じることができ、吸う感じが非常に満足していました。
一方、プルームxアドバンスド スティックを使ったとき、私はタバコの香りとミントのバランスが非常に良いと感じました。吸う後半になると、ミントの味が徐々に消え、プルームx アドバンスド フレーバーは非常に柔らかく、刺激感はありませんでした

結論:伝統的なタバコの風味を求めるなら、IQOSイルマ・ワンの方があなたの欲求を満たすことができます。

注意:この2つの加熱式タバコは互換性がありません。

6つのニコレス おすすめフレーバー:TEREA
テリア 人気

|| 加熱方法と温度の比較

プルーム・エックス・アドバンスドIQOS イルマ ワン
加熱温度320℃300℃〜350℃
加熱時間約25秒20秒
加熱方式自動高温加熱自動高温加熱
  • IQOSイルマワン加熱技術:専用タバコ(テレア、センティア)に金属プレート(熱センサー)を埋め込み、磁力でタバコ内部を加熱する技術「インテリジェントコアインダクションシステム」を搭載。
  • プルームXアドバンスド・ヒーティング・テクノロジー: プルームXアドバンスド 説明書には、「Power Heat Flow」技術を用いて加熱温度を約320度まで上昇させることが記載されています。これにより、タバコの風味を抑えつつ、適切に加熱温度をコントロールすることで、しっかりとした吸いごたえとタバコ本来の風味を実現します。

📕低温加熱式と高温加熱式の違い

「高温加熱式」は、タバコをヒーターで直接200℃以上に加熱し、発生した蒸気を吸引する。 高温で直接加熱するため、タバコに近い風味が楽しめる。 タバコのような喫煙体験を求める方には、高温加熱式電子タバコをお勧めします。 基本的に、タバコの風味は温度が上がるにつれて増す。

「低温加熱タイプ」は、グリセリンという液体を加熱し、タバコカプセルから発生する蒸気を40℃~60℃の温度で吸引する。 この低温加熱タイプは、タバコの味とは大きく異なるフレッシュな味わいが特徴で、特にフルーティーなフレーバーに向いている。 しかし、強い喫煙感覚を求める人には、この方法では満足できないかもしれない。

結論:プルームXアドバンスド アイコス 比較は加熱温度が似ており、どちらも自動加熱機能を搭載している。 ただし、IQOSイルマ・ワンの加熱時間はプルームXアドバンスドより5秒速い。

|| 使用回数と使用期間の比較

プルーム・エックス・アドバンスドIQOS イルマ ワン
喫煙時間・パフ回数5分(無制限)6分(14パフ)
連続使用本数20本20本
充電時間約90分約90分
  • 連続使用本数:プルーム・エックス・アドバンスド(20本) = IQOS イルマ ワン(20本)
  • 喫煙時間:IQOS イルマ ワン(6分)>プルーム・エックス・アドバンスド(5分)

結論:その結果、使用時間の長さではIQOS ILUMA One日本がやや優勢だ!

vpz jp 順 矢原
順 矢原

私のレビューチームでは、両者の専用タバコの長さが異なることを除けば、実際に使用した際の使用時間に大きな差は見られず、喫煙時間はやはり特定の喫煙習慣に左右されるようだ

|| 起動操作の比較

プルーム・エックス・アドバンスドIQOS イルマ ワン
Bluetooth接続可能無し
加熱方式自動自動
プルームXアドバンスド アイコス 比較:起動操作
プルームXアドバンスド アイコス 比較:起動操作

IQOS Irma Oneは「インテリジェントコアセンサーシステム」を搭載しており、アイコスイルマワン使い方はボタンを押さなくても自動的にヒーターが作動し、LED表示もあります。ホルダーを2回タップすると、スティックの残量を確認できます。

また、プルームxアドバンスド使い方は、ボタンを押さなくても加熱が作動するオートスタート機能があります。IQOS Irma OneにはないBluetooth接続機能を搭載しており、携帯電話のBluetooth接続でバッテリー残量やパフ回数を確認できます。

どちらも操作方法はほぼ同じです:

  1. 本体上部のスライドカバーを開ける。
  2. たばこスティックを指定のカラーラインに差し込む
  3. 自動的に加熱開始
  4. 約20秒後に喫煙開始
vpz jp 順 矢原
鈴木

レビューチームは、どちらのデバイスの操作も非常に便利だと感じたが、デバイス情報や使用状況を簡単に表示できるBluetooth接続機能に関しては、プルーム・エックス・アドバンスドに分がある

結論:両方とも自動起動加热機能を備えており、さらにPlume X AdvancedはBluetooth接続機能を提供します。

|| 発売日と人気の比較

  • IQOSイルマワン 発売日:2022年3月22日
プルームXアドバンスド アイコス 比較:IQOSイルマワン 発売日
プルームXアドバンスド アイコス 比較:IQOSイルマワン 発売日

日本では、フィリップ モリス ジャパンがIQOSイルマを発売し、順調に売上を伸ばしている

IQOSイルマシリーズ専用のTerea アイコスタバコの売上は、発売後3ヶ月で8%増加し、IQOSユーザーの20%以上がIQOSイルマシリーズを使用しており、同時に20%以上の新規ユーザーを獲得している。

これにより、同社は急成長を遂げ、市場シェアを拡大している。

  • プルームXアドバンス 発売日:2023年11月21日

プルームはアイコスに続き、イルマワン発売の翌年に同性能の「プルームXアドバンスド」を発売し、JTは正式発売に先駆けてクラブJTオンラインショップと全国のプルームショップで先行販売した。 Ploom X CLUB会員によると、オンライン先行販売は発売当日に満席となり、人気の高さがうかがえたという。 発売から3ヶ月で前年比15%増の売上を記録している

結論:どちらも市場で良い結果を出している。IQOS Ilumaシリーズはその強力な機能とユニークなTEREAシガレットで多くのユーザーを魅了し、Plume X Advancedは高い人気と優れた先行販売実績で消費者の心を掴んだ。

関連記事:IQOSの発売日は?

|| アフターセールス保証の比較

プルームXアドバンスドアイコスイルマワン
故障頻度故障は多くない故障は多くない。
本体保証(通常購入時)1回1回まで無償交換
本体保証(定額プラン加入時)自損2回+紛失1回1回まで無償交換
保証期間2年1年
アフターサービス国内:0120-198-504電話番号:: 0120-190-517

最大の違いは保証期間で、プルームの保証期間は2年で、アイコスの2倍である。

結論:比較的、プルームはユーザーに長い修理サービスサイクルを提供しています。

vpz jp 順 矢原
順 矢原

友人がIQOSイルマ・ワンを使っていて、使用中の不適切な操作で端末が破損した際にカスタマーサービスに助けを求めたところ、IQOSのアフターサービス対応は迅速だった。 保証期間内だったため、無償で点検・修理してもらえた。

関連記事:IQOS イルマワンの点滅の意味は?3分で総合的なヘルプ

|| 価格比較

プルーム・エックス・アドバンスドIQOS イルマ ワン
本体価格1,980円3,980円
銘柄メビウス/11種/各500円
キャメル/6種/各500円
テリア/21種/各580円
センティア/13種/各530円
平均単価2,480円4,510円~4,560円
上記は参考価格であり、実際の価格はイベントやキャンペーンによって変動します。

プルームx アドバンスド 価格はIQOSイルマワンより2000円ほど安いらしい。 専用タバコもIQOSイルマワンの専用タバコより30~80円安い

1カートンに20本入っていると仮定すると、IQOSイルマ・ワンを使っている人は、プルームXアドバンスを使っている人よりも1ヶ月あたり2,400~3,000円多く使っていることになる。

|| ユーザー評価の比較

最後に、プルームXアドバンスドとアイコスイルマワンを実際に使った人のレビューや評判を見てから、最終的な購入を決めたい!

プルームxアドバンスド レビュー

vpz jp 順 矢原
てつ
@tetuwan1106

プルームx値段関係なくアイコスより断然いいな。
それよりいいのはリルだけどやっぱりリキッド別でつけないといけないのはめんどい。

プルームxアドバンスド買ったと思ったら普通のx買ってた…980円だからいいけど。
今までずっとアイコスだったので、メビウス少し風味が違って新鮮。
こっちの方が好きかも。アドバンスド買うの楽しみ。

vpz jp 順 矢原
三等兵
@T_Tokyo_Japan
vpz jp 順 矢原
ナベユー
@kokottenanikaku

帰ったら届いてたプルームXアドバンスド試してみた。iQOS吸った時と似た感覚。でも全然煙出ないし一本を5分間吸い続けられるコスパの化け物。誰かと吸う時はコレでもいいんじゃねって気がしてきた

👍良い口コミ:

  • 手触り最高
  • 5分以内なら何度でも吸える。
  • お値打ちで、それほど高くない。
  • 匂いは非常に軽く、他人に迷惑をかけない。

👎悪い口コミ:

  • ヘビースモーカーを満足させることはできない
  • 充電中は吸えない
  • フレーバーの種類が比較的少ない
  • オートヒートが反応しないことがある

アイコスイルマワン レビュー

vpz jp 順 矢原
ジャンボ
@yamajumbo

プルームXアドバンスド安かったから買ってみたけどやっぱiQOSの方が高いだけあってしっかりしてるね。オートスタートすらまともに機能しないし。

結局プルームXアドバンスドよりもアイコスの方が美味い気がする。
会社の喫煙室でもみんな吸いまくってるし、多少値段上がったって他の嗜好品も値上がりするわけだし、フィリップモリス株は買い増し対象かな。

vpz jp 順 矢原
三等兵
@T_Tokyo_Japan
vpz jp 順 矢原
あーちゃ
@akufuwa2

アイコス14回しか吸えないのか🤔なんで短いのかと思ったら。それならプルームXの方がコスパいいな

👍良い口コミ:

  • 洗浄不要
  • 吸引力と喉越しは十分。
  • デバイスは軽量で持ち運びしやすい。
  • アイコス フレーバーの種類が豊富

👎悪い口コミ:

  • 価格は少し高い
  • 交換はできるが、販売後の返品はできない。
  • 煙の臭いが強い。

上記コメントの出典:ツイッター X

プルームXアドバンスド アイコス 比較、どっち?

実際には、プルームXアドバンスド アイコス 比較にはそれぞれ長所と短所があります

このレビューの主な目的は、喫煙者にこの2つの製品の違いをよりよく理解してもらい、自分に合ったデバイスとフレーバーをよりよく選んでもらうことです

次に、どのような人がPlume X Advancedを使用するのに適しているのか、どのような人がIQOS Irma Oneを使用するのに適しているのかを簡単に説明します。

アイコスイルマ・ワンはどんな人に向いていますか?

  • 紙巻きタバコと同じような喫煙体験を楽しみたい人。
  • もっといろいろなフレーバーを試してみたい人。

プルームXアドバンスドはどんな人に向いているか?

  • 周囲への臭いの影響を考慮したい方
  • タバコのイニシャルコストと月々のコストを最小限に抑えたい方
軽量の人気商品:アイコスイルマワン
\軽量の人気商品/アイコスイルマワン

両ブランドのクラシックモデルの比較

両ブランドのクラシックモデルの比較
両ブランドのクラシックモデルの比較
アイコスイルマプルームX
本体価格6,980円1,980円
加熱時間約20秒約25秒
喫煙時間6分間(14パフ)5分間(パフ回数無制限)
充電にかかる時間約135分約140分
メンテナンス頻度メンテンス不要月1回、又はたばこスティックの差し込みがきついと感じた場合にメンテナンスが必要
連続吸い可能本数2本約20本分
加熱温度300~350℃約295℃
大きさ【ホルダー】
高さ:101mm
幅:14.5mm
重さ:30.5g
【ポケットチャージャー】
高さ:121.5mm
幅:47mm
奥行:23.4mm(奥)
重さ:約116.5g
高さ:88.5
幅:43.5
奥行き:24mm
重さ:95g

どちらの商品も、それぞれのブランドでブレイク中の人気アイテムだ。

IQOSイルマは従来の加熱式タバコの清掃やメンテナンスの手間を省き、メンテナンスフリーで吸いやすく、従来のIQOS製品よりも優れたオートスタート機能を搭載。

プルームXは5分以内ならパフ回数無制限で、従来の加熱式タバコにはない、パフ回数を気にすることなく喫煙を楽しめる点が特徴です。 従来の加熱式タバコにはない機能です。

IQOSイルマは以下のような方におすすめです:

  • タバコに近い喫煙感覚を重視する人
  • ボタンを押さなくても加熱式タバコを楽しみたい人
  • こまめなメンテナンスが苦手な人

プルームX こんな人におすすめ:

  • 様々なフレーバーを楽しみたい人
  • 長時間、何度でも吸いたい人
  • 節約したい人

結論

アイコスとプルームは日本における加熱式電子タバコのトップブランドである。

アイコスは、強いフレーバーと長い喫煙時間を求めるが、使いやすいものも欲しいという人には良い選択だ。また、シリーズに新たに加わったIQOSイルマ・ワンは、より手頃な価格で、予算に限りがあるが高品質の喫煙体験を求める人に最適だ。

臭いが気になる方には、「プルーム」シリーズがおすすめです。新しい高温加熱モードは、加熱温度を “IQOS “に近い320度まで上昇させ、臭いを抑えながら味を大幅に改善するように設計されています。最新モデルのプルーム・エックス・アドバンスドは、加熱温度と使用時間においてアイコスに匹敵します。

加熱式電子タバコの詳細、または特別オファーについては、VapePenZone日本電子タバコのウェブサイトをチェックしてください!

関連する質問

アイコスとプルームテックどっちがいいの?

「プルーム・テック」の喫味は軽く、ライト系喫煙者には適していますが、重いたばこ喫煙者には物足りないかもしれません。「iQOS」はタバコ感が強く、段階的な減煙を目指すなら適しています。

プルームエックスの販売終了理由は何ですか?

発売以来、多くのお客様にご愛顧いただいた商品ですが、2024年2月の「プルーム・エックス・アドバンスド」のブレンドリニューアルに伴い、販売を終了します。

プルームエックスは禁煙ですか?

2020年4月から施行された改正健康増進法により、施設の屋内での喫煙は原則禁止となりました。そのため、加熱式たばこも規制の対象となり、プルーム・エックスの使用も禁止となります。

24時間出荷

物流オンライン追跡

LINEサポート

お気軽にご連絡を

正規品保証

1年間返品保証

時限割引

サブスクライバー限定