お問い合わせ 10 am - 7 pm
Your Cart

¥9,999 以上で送料無料。24時間以内に出荷。追跡番号あり。

加熱式タバコと電子タバコの違い

加熱式タバコと電子タバコの違い | 9つの徹底的な比較、全ての喫煙者は必見!

近年、日本では新しいタイプのタバコが続々と登場し、加熱式タバコや電子タバコが市場で人気を博しています。したがって、私(VapePenZoneチームの山田)は、市場で人気のある加熱式タバコ種類電子タバコ種類を購入し、ベテランスモーカー数名と共に評価チームを結成しました。

加熱式タバコと電子タバコの種類、動作原理、内部部品、ニコチン含有量、フレーバーの種類、ポリシーの違い、利用者の違い、価格の違いなどを詳細に比較分析することで、読者の皆様に加熱式タバコと電子タバコの比較についてより包括的な理解を深めていただきたいと思います。

読者がこの加熱式タバコと電子タバコの違いをより包括的に理解し、どちらが自分の嗜好やニーズに合っているかを理解できるようにすることを目的としています。 ご興味のある方は、一緒に詳しく学びましょう!

本文でわかること

  • 加熱式タバコとは?
  • 電子タバコとは?
  • 加熱式タバコと電子タバコの違い
  • どう選ぶ?

加熱式タバコとは?

加熱式タバコと電子タバコの違い:加熱式タバコとは?

加熱式たばこは、たばこ葉を燃やさずに特別な装置で加熱し、発生した蒸気を吸引します。タールの発生は抑制できますが、たばこ葉を使用するため、ニコチンを含む有害物質が発生しますのでご注意ください。

|| 加熱タバコの種類:高温加熱と低温加熱

加熱式タバコと電子タバコの違い:加熱タバコの種類

前述したように、特別な装置で加熱された不燃性タバコはタバコ蒸気を発生する。 タバコを加熱する温度は使用する機器によって異なる。

加熱式タバコには大きく分けて、タバコを高温で加熱する「高温加熱式」と、低温で加熱する「低温加熱式」がある。 それぞれのメカニズムを詳しく見てみよう。

🔴高温加熱式タバコのメカニズム

高温加熱式タバコ製品の中には、タバコの葉から作られたロッドをヒーターで直接加熱することで蒸気(タバコ蒸気とも呼ばれる)を発生させるものがある。

IQOS加熱式タバコは、このような高温加熱式タバコ製品の一例である。

🟢低温加熱式タバコのメカニズム

低温加熱式タバコはタバコを直接加熱する代わりに、液体を加熱して霧状にして蒸気にし、その蒸気をタバコに通過させます。 極低温加熱式タバコの具体例としては、Ploom X with 2含浸タバコがあります。

どちらのタイプの装置も、加熱装置と専用のたばこ製品を必要とする。 また、タバコを直接加熱しないタイプの低温加熱には、これらに加えて蒸気を発生させる液体が必要である。

電子タバコとは?

加熱式タバコと電子タバコの違い:電子タバコとは?

電子タバコは、タバコを使用しない製品です。 吸引することでバッテリーを作動させ、このバッテリーからアトマイザーを動かし、アトマイザーがアトマイズされたカートリッジ内の電子リキッドを加熱して蒸気を発生させます。

日本では、電子タバコはタバコ製品として販売されておらず、通常はニコチンを含んでいない(ただし、海外製品ではニコチンを含むものもある)。

|| 電子タバコの種類:POD(カートリッジ)式、使い捨て式、リキッド式

機種タイプ特徴
POD(カートリッジ)式
RELX Infinity 2 Vape、Elf Bar Lowit 8000
IGET Bar Plus Vape、GOGO Fat Boy 2000
1. カートリッジ交換が簡単メンテナンスの
2. 間がほとんどない
リキッド式
VaporCave、Uwell Caliburn A2
1. フレーバーの種類が豊富カスタマイズ性が
2. 高くコスパも良い
使い切りベイプ
IGET Bar、GOGO Bar、Fatboy 6000、ELFBAR TE6000、STARX S20000 
1. 交換·メンテナンスなどの手間が一切ない2. お試しに最適

加熱式タバコと電子タバコの違い

電子タバコと加熱式タバコには、煙が水蒸気であるという共通点がある。 では、この2つの違いは何でしょうか?

VapePenZone評価チームは、日本で大人気の加熱式タバコIQOS ILUMA電子タバコRELX Infinity 2の2製品を例に、加熱式タバコと電子タバコの違いを詳しく説明します。

|| 違い1:タバコの有無

加熱式タバコと電子タバコの違い:違い1:タバコの有無

電子タバコと加熱式タバコの主な違いは、加熱式タバコがタバコを使用するのに対し、電子タバコはタバコを使用しないことです。

電子タバコは「アトマイザー」と呼ばれる装置で、グリセリン、プロピレングリコール、香料を含む「タバコリキッド」と呼ばれる液体を加熱して蒸気を発生させます。

対照的に、加熱式不燃性タバコは、従来のタバコを使用し、ステム内の金属誘電体を加熱することで蒸気を発生させ、タバコ本来の味と香りを特徴とする加熱式タバコを製造する。

この2つの新しいタイプのタバコは同じ組成ではないので、伝統的なタバコの香りと健康のバランスをとった喫煙体験を求めるなら、加熱式タバコを選ぶとよい。

|| 違い2:ニコチンとタールの存在

加熱式タバコと電子タバコの違い:違い2:ニコチンとタールの存在

電子タバコでは、ニコチンやタールを含まないタバコオイルを自由に選択できますが、高温では、加熱タバコがニコチンとタールを放出します。

日本では、電子タバコはたばこ製品とは見なされず、通常はニコチンとタールを含みません。しかし、加熱非燃焼タバコは、タバコの葉を加熱してタバコの自然な香り、味、吸い心地を提供します。伝統的なタバコの葉を使用しているため、加熱すると一定量のニコチンとタールが放出されます。

多くの人々が知りたいと思っています、電子タバコとタバコどっちが体に悪い? 根本的な理由は、どちらにニコチンとタールが含まれているかどうかです。もしあなたが禁煙を試みているか、より健康的な喫煙方法を追求しているなら、電子タバコを選ぶことをお勧めします。

|| 違い3:煙の含有量

加熱式タバコと電子タバコの違い:違い3:煙の含有量

電子タバコの煙の量は加熱式タバコよりも多い。

一般的に、加熱式タバコは1本あたりの吸引回数が決まっており(約20回)、1回吸うごとにスティックを交換する必要がある。 一方、電子タバコは新しいカートリッジに交換するだけで、1週間の喫煙(約600回)が可能で、十分な吸引力により強い煙の風味を楽しむことができる。

加熱式タバコIQOS ILUMAと電子タバコRELX Infinity 2の実使用における製品比較を行った。 その結果、RELX電子タバコはIQOS加熱式タバコよりも煙の量が圧倒的に多いことがわかりました。

電子タバコは液体を加熱することで煙を発生させるため、副流煙や有害物質を発生させない。 加熱式タバコも加熱により蒸気を発生させますが、煙には従来のタバコを使用しているため、タール、一酸化炭素、その他の化学物質が含まれている可能性があります。

▶ 加熱式タバコと電子タバコの匂いの比較

加熱式タバコと電子タバコの匂いは、従来のたばこ製品とは異なります。これらの製品は燃焼せずに加熱されるため、焼けたたばこの匂いではなく、香料やその他の添加物の匂いが特徴的です。

|| 違い4:吸い方

加熱式タバコと電子タバコの違い:違い4:吸い方

全体的に、電子タバコは電源を入れるために何かをする必要がなく、待つことなく使えるのでより便利です。

電子タバコは通常、密封されたマウスピースとプラグを取り外して吸うだけで作動するので、いつでも楽しむことができる。

加熱式タバコの場合は、マウスピースにスティックを正しく挿入し、スタートボタンを押し(自動加熱機能のある機器もある)、機器のインジケータランプが点灯して加熱が完了するのを待ってから吸い込む。

便利で簡単なVAPE体験をお探しなら、電子タバコを選択することをお勧めします。

|| 違い5:内部コンポーネント

加熱式タバコと電子タバコの違い:違い5:内部コンポーネント

電子タバコと加熱式タバコは、内部構造と電子部品が異なる。

電子タバコはバッテリー、アトマイザー、カートリッジで構成され、吸引時にバッテリーが作動してアトマイザーを駆動し、カートリッジ内のタバコオイルを加熱して蒸気を発生させる。

一方、加熱式タバコは、ヒーター(ステム)、専用タバコ、充電器で構成され、金属製の加熱パッドが付いた専用タバコをステムに入れて加熱し、蒸気の煙を発生させます。

▶ 推奨:

電子タバコおよび加熱式タバコを使用する場合、ユーザーはこれらの機器を適切かつ安全に使用するために、その内部構成要素がどのように機能するかを理解する必要がある。

|| 違い6:フレーバーの種類

IQOS VS RELX:フレーバーの豊富さ

日本市場の調査によると、現在市場には20種類以上のフレーバーの加熱式タバコ(例えばIQOS専用タバコTEREA)がある一方、50以上のフレーバーの電子タバコ種類(例えばRELX Infinity Pod)がある。

加熱式たばこのフレーバーは比較的均質で、主に純粋なたばこフレーバーを好む喫煙者向けである。 一方、電子タバコの人気ランキングは、単一のフレーバーから複数のフレーバーをブレンドしたものまで、さまざまなフレーバーがあり、中には従来のタバコや加熱式タバコでは味わえないものもある。

伝統的なタバコ・フレーバーに加え、フルーツ・フレーバー、デザート・フレーバー、ドリンク・フレーバーなど、様々なフレーバーから選ぶことができる。 電子タバコのユーザーは自分の好みに合わせて様々なフレーバーを選ぶことができ、フレーバーの変更も比較的簡単で、加熱式タバコや伝統的なタバコと比べた電子タバコの利点である。

全体として、電子タバコはフレーバーの多様性と交換のしやすさという点で、加熱式タバコや伝統的なタバコより明らかに優れており、消費者の個人化されたニーズにある程度応えている。

|| 違いⅦ 観客層の違い

海外では若者の間で電子タバコが、日本では加熱式タバコが普及している。

欧米やアジアの若者を中心に普及している電子タバコ使い捨てVapeからポッドベイプ製品、自分で補充できるタンクまで。 こうした電子タバコの登場は、若者の喫煙習慣を劇的に変化させ、多様なフレーバーと携帯性に優れたデザインが新たなユーザーを増やしている。

一方、日本では、電子タバコよりも加熱式タバコの方が、タバコの代替品として日本人喫煙者に人気がある。 2018年の「国民健康・栄養調査」によると、「加熱式たばこ」の普及率は男性喫煙者の3~4人に1人、女性喫煙者の4~5人に1人に達していた。「加熱式たばこ」のみを使用している喫煙者は20.3%となっており、日本では「加熱式たばこ」の普及が進んでいることが窺える。

男性女性総数
紙巻たばこのみ68.1%76.1%70.0%
加熱式たばこのみ22.1%14.8%20.3%
紙巻たばこ及び加熱式たばこ8.5%8.8%8.6%

|| 違いⅧ:価格の違い

加熱式たばこIQOSRELX Vape、従来のタバコを例に、本体とタバコ(カートリッジ)代を含めた価格を比較してみよう。 以下は、3つの月々の出費である:

銘柄電子タバコ本体コスト紙タバココスト総費用
加熱式たばこIQOS3,980円3,560円7,540円
电子烟RELX4,480円2,256円6,736円
紙タバコ/17,050円17,050円
(加熱式タバコと電子タバコは、初月は機器の購入のみ、翌月からはタバコまたはカートリッジの購入のみである。)

その結果、電子タバコも加熱式タバコ値段も、従来のタバコよりもすでに安く、コストは従来のタバコの半分以下にまで下がっていることがわかった。

日本では加熱式たばこも従来の紙巻きたばこも財務省管轄のたばこ製品であり、今後たばこ税が引き上げられれば、両者の価格も上昇する。 一方、電子たばこはたばこ製品ではないため、たばこ税が改定されても値上がりすることはない。

|| 相違点IX:日本における政策上の扱いの違い

日本では加熱式タバコと電子タバコの法的分類と規制には顕著な違いがありますが、電子タバコに対する規制は比較的緩やかです。

たばこ葉を原料とする加熱式たばこは、日本では紙巻きたばこと同視され、たばこ事業法に基づき財務省の所管となり、 「製造たばこ」として各種規制を受け、たばこ税の課税対象となる。

一方、電子たばこはたばこを使用しないため、たばこ事業法上の「製造たばこ」には該当せず、現在のところ、 法による分類や規制は行われていない。

日本は、たばこ以外の成分を含む電子たばこのより緩やかな規制に賛成しているが、これは、電子たばこが無制限に販売・使用できることを意味するものではない。 ニコチンを含む電子タバコ液の販売は依然として許可が必要であり、厚生労働省の管理下にあります。現在国内で販売されている「電子たばこ」にはニコチンは含まれていない。

どう選ぶ?

以下は、VapePenZoneのチームメンバーがテスト後にまとめた加熱式タバコと電子タバコの良いと悪いです。

加熱式タバコ電子タバコ
良い1. 従来の喫煙者の喫煙習慣にマッチしたタバコの種類を使用。
2. ニコチンを一定量配合し、強力なスロートヒットを実現。
3. 本体は充電式で繰り返し使える。
4. 副流煙の嫌な臭いがしない
5. お手入れ不要
1. 様々なフレーバーが用意されている
2. ボタンが不要で操作が簡単
3. 費用効果が高い
4. より機能的(例えば、エアフローを調整し、モードをベープカスタマイズ)
5. ニコチンおよびタールはより健康放します
6. 使用の長い寿命を提供する
7. 運ぶこと容易な細いボディ
悪い1. イニシャルコストとランニングコストが高い
2. フレーバーの選択肢が少ない
3. 燃焼時にスモークフレーバーとタールが発生するサイズが
4. 大きく、持ち運びができない
1. 伝統的な喫煙者のニーズを満たすことができない。
2. フレーバーによっては甘すぎる。
3. 使い捨ての電子タバコなので、頻繁に交換する必要がある。

まだ迷っている喫煙者には、2つの新しいタバコの良いと悪いだけでなく、実際の喫煙ニーズに基づいて最適な製品を選択することをお勧めします!

概要

加熱式タバコは、タバコの葉を燃やすのではなく、加熱したタバコの葉から発生する蒸気を吸い込むことで、タバコの風味を楽しむことができます。 伝統的なタバコの風味を楽しみ、ゆっくりとしたペースで喫煙するのであれば、加熱式タバコは良い選択かもしれません。

一方、電子タバコはフレーバー付きのリキッドを加熱し、発生する蒸気を吸引します。 電子タバコは、いろいろなフレーバーを試してみたい人や、簡単で便利で健康的な喫煙方法を探している人におすすめです。

全体として、加熱式タバコと電子タバコのどちらを選ぶかは、個人の嗜好とライフスタイルに基づいて決めるべきです。 タバコの味は吸い方によって決まるので、自分に合ったものを選ぶことが何よりも大切です。

VapePenZone Japan電子タバコ 販売 店舗にご期待ください!使い捨てベイプ、加熱式タバコ、小型タバコなど、電子タバコの最新情報をお届けしていきます。 私たちの目標は、消費者の様々なニーズを満たし、最高品質の製品とサービスを提供することです!

24時間出荷

物流オンライン追跡

LINEサポート

お気軽にご連絡を

正規品保証

1年間返品保証

時限割引

サブスクライバー限定